債務が大きくなりすぎてしまったら、債務整理を行うことになります。
債権者にある程度の支払いを免除してもらって、自分が支払える範囲に調整してもらうのです。
それによって、再度完済に向けて頑張ることになるでしょう。

 

af9920061939m

 

 

しかし、債権者がまったく交渉に応じないなどのケースでは、もはや自力による返済は不可能です。

 

その場合は、裁判所に対して債務整理を申請するしかありません。

 

 

これならば、債務をもう支払えないことを裁判所が認めてくれるので、債権者の合意がなくても問題ありません。

 

 

具体的には、裁判所が債務者の財産を債権者に分配する代わりに、それ以上の支払い義務を免除する形になります。

 

 

この自己破産はどうやったらできるのかですが、まず現住所を管轄している地方裁判所に申請します。
この手続きそのものは、個人でも十分にできる内容で、費用も数万円程度です。
もし、自分1人では困難であるのなら、弁護士に任せる方法もあります。

 

 

もっとも、申請が受理されただけでは、まだ債務は残っているので注意しなければなりません。

その後に、裁判所から呼び出されて、免責を申し立てる理由について質問等が行われるのです。
そして、それが滞りなく終了して免責許可が決定したら、その時点で初めて債務の支払い義務が免除されます。
無事に債務が免除されたら、債権者に対してその旨を通知しておきましょう。